歯科医のカリスマを目指して


by 2uard5dq2f
 水俣病未認定患者らで作る水俣病不知火(しらぬい)患者会(熊本県水俣市、約2600人)が国や熊本県、原因企業チッソを相手取り損害賠償を求めた訴訟の和解協議で、鳩山由紀夫首相は18日、熊本地裁が示した和解案を受け入れる考えを表明した。水俣病救済問題は大きく進展することになった。

 鳩山首相は首相官邸で記者団に「水俣病で長い間、苦しんでこられた方々の気持ちを考えれば、全面的な救済に向けて熊本地裁が出した所見を国として受け入れる」と述べた。裁判を起こしていない患者団体の救済については「同じような形で結論を見いだせるようにしていきたい」と述べ、和解協議と同時並行で進めることを明らかにした。

 熊本地裁は15日の和解協議で、一時金の額を1人当たり210万円、団体加算金を29億5000万円などとする所見を原告、被告双方に提示、次回の協議の29日に受け入れの是非を明らかにするよう求めていた。

 不知火患者会は平成17年に提訴。21年に未認定患者救済の特別措置法が成立したことなどから、国と原告双方が和解協議を進めていた。国の動きを受け、不知火患者会は28日に原告団総会を開き、受け入れるかどうか決めるとしている。

 環境省は4月前半に救済措置の方針を閣議決定し、5月1日の水俣病犠牲者慰霊式での救済開始を目指している。小沢鋭仁環境相は「29日には被告の県やチッソもそろって受け入れるようにしたい」との談話を発表した。

【関連記事】
水俣病和解へ一時金210万円 熊本地裁が所見
「公平な解決目指す」 小沢環境相が水俣被害者と面会
水俣特措法で救済申し立て 「憲法違反」と被害者16人
水俣病訴訟で国との和解協議入り決める 不知火患者会
「四日市にも公害資料館を」 新潟水俣会議の高野さん講演

「再考を強く求める」=足利事件再審判決の撮影不許可で−民放連(時事通信)
<日米密約>横須賀市議会が非核三原則順守の意見書案可決(毎日新聞)
<坂田賞>毎日新聞の点字報道に(毎日新聞)
<将棋>王将戦 久保棋王“5度目の正直”の勝利(毎日新聞)
JR不採用、和解金2400万円…政府解決案(読売新聞)
[PR]
# by 2uard5dq2f | 2010-03-23 18:00
 飲食店内の客の女性に路上から下半身を露出し見せたとして福岡県警博多署は13日、福岡市中央区地行4、香椎税務署員、柴原修容疑者(48)を公然わいせつ容疑で現行犯逮捕した。柴原容疑者は「申告シーズンで業務が多く、ストレスがたまっていた」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は、同日午前1時半ごろ、同市博多区中洲3の「モスバーガー博多中洲店」前の路上で、店内で飲食中の19歳と20歳の女性に、路上から下半身を露出したとされる。

【関連ニュース】
強制わいせつ:容疑の警官逮捕 福岡
青森強盗強姦:1審支持 2審も実刑判決 仙台高裁
NHK:強制わいせつで有罪の職員 懲戒免職に
教員免許:失効知らず講師採用 三重の県立高
準強姦未遂容疑:防衛大学生3人を逮捕 自衛隊・警務隊

ミキティらブログのID流出 ホリプロの元契約社員を逮捕(産経新聞)
全日空 B787の整備士養成訓練公開 今秋納入の新型機(毎日新聞)
地図に男、男、男…混乱気味の尋問に裁判長も「このままでは分からなくなる」(産経新聞)
鳩山内閣 支持率続落43%…不支持が逆転 本社世論調査(毎日新聞)
【イタすぎるセレブ達】ジェニファー・ロペス 双子の育児に一生懸命。「仕事とプライベートのバランスは大事ね。」
[PR]
# by 2uard5dq2f | 2010-03-19 10:23
 強風で倒れた鶴岡八幡宮(神奈川県鎌倉市雪ノ下)の大イチョウは13日、根元部分が上部と切り離され、本格的な移植作業が始まった。

 作業を指導している東京農業大の浜野周泰教授(造園樹木学)は記者会見で、移植した幹が根付く可能性について、「12日時点で、90%は見込めると判断した」と説明した。移植作業は15日にも一段落し、移植されたイチョウが公開される見通し。

 11日に始まった移植作業はこの日が2日目。午前11時45分頃、まず根元部分約4メートルと、さらに上の部分の幹をチェーンソーで切断した。浜野教授らが根元部分の状況を確認する一方、数メートル離れた移植場所で掘削・整備作業が進められた。周りは幕で囲まれているが、多くの参拝客が足を止め、わずかに見える作業の様子を見守った。

 浜野教授の説明によると、大イチョウは、直径30〜50センチの5本の大きな根で幹を支えていたが、今回の倒壊で5本すべてが切れたが、幹の根元部分の周囲には、細い根が多数残っていた。残った根が養分を吸い上げられる力に合わせて、移植する部分の大きさを決めたという浜野教授は「幹があまり養分を必要としない寒い季節に倒れたのが、不幸中の幸いだった」と語った。しかし、移植に温暖な気候は悪条件で、浜野教授は「高温、乾燥が続くと、日よけや散水などを行っても、根付く確率は落ちていく」と、楽観はできない状況であることも説明した。

 14日以降の移植作業は、根を十分に殺菌したり、植える地面の水はけを良くしたりして根腐れを防ぎ、慎重に植え付けを行う予定。順調に根付いたかどうかを判断するには、これから約2年間、様子を見る必要があるという。

 一方、地面に残った根から、若い茎「ひこばえ」が伸びる期待もある。こうした茎は、失われた元の幹に代わって太く育つことがあり、すでに昨年伸びた若い茎も数本あるという。浜野教授は「ひこばえを数本残して、10年ほど様子を見ながら、育ちの良いものに集約して行くことになるだろう」と話した。

 浜野教授の説明を聞いて、同八幡宮では「力強い話をいただいた」(国生護衛禰宜(ねぎ))とし、大イチョウの再生を今後、〈1〉元の幹の移植再生〈2〉地中に残った根から新たに出る茎(ひこばえ)の育成〈3〉挿し木等による増殖――の3通りの方法で進める方針。この日、切断した上部の幹は外部に出さずに保存して、調査・研究に生かす一方、枝については現在、県自然環境保全センター(厚木市)に提供して挿し木を試みているという。

<自民党>参院選 選挙区で追加公認候補を発表(毎日新聞)
大阪万博 開催40年 改修パビリオン公開へ(毎日新聞)
スキー場で雪崩、1人巻き込まれる=同行男性から110番−山形・蔵王(時事通信)
「結核に関する特定感染症予防指針」見直しへ(医療介護CBニュース)
女性社長殺害認める=49歳男の裁判員裁判−水戸地裁(時事通信)
[PR]
# by 2uard5dq2f | 2010-03-17 19:06
 04年10月の新潟県中越地震で被災した山古志小学校(長岡市)の子供たちの作文を基にした歌「ありがとう」がCDになり、10日発売された。全国から寄せられた支援への感謝の思いが詰まった歌。歌の作者であるコカリナ奏者、黒坂黒太郎(本名・正文)さん(60)とCDで歌った妻で歌手、矢口周美(かねみ)さん(57)が10日午後、山古志小、中学校を訪ね、子供たちにCDを手渡し一緒に歌う。【岡田英】

 歌は04、05年度の文集から黒坂さんが06年に詞を編集し、曲を付けた。09年9月のトキめき新潟国体の開会式で歌手の小林幸子さんらが歌ったことで注目を集めた。

 <悲しいときに あの人は あったかい握手してくれた うれしかった、やさしかった ふるえるほど ありがたかった 何かお礼をしたいけど 心をこめて ありがとう>

 「『ありがたかった』は子供が使う言葉ではないけど、おじいちゃん、おばあちゃんが使っているのを聞いたのでしょう。文集につづられた言葉の向こうに山古志の人たちの姿が浮かんだ」と黒坂さん。04年12月、仮設住宅で支援コンサートを開いた際、住民の案内で全村避難中の山古志に入った。校庭に倒れていた桜の枝からコカリナを作り、約70人の児童に贈り、演奏を指導するなどして交流を重ねた。

 地震の2日後、孤立した山古志からヘリコプターで避難した山古志中3年、五十嵐達生(たつき)君(15)は当時、小学4年。学校に行けず、両親らは片付けに忙しく、途方に暮れていた。そんな時、遊んでくれたのがボランティアだった。

 「生活していくうえで大切な事を教わった。生きることが大事だということ。いろんな人のおかげで生きてこれた」。05年春の文集にそうつづった。

 8日に中学を卒業した五十嵐君は、父親の電気設備会社を継ぐ夢を抱き、市内の高専へ進学する。「地震があって、かえって山古志への思いが強くなった。全国の人への感謝は絶対忘れない」。10日、思い出の詰まった校舎である黒坂さん夫妻の歌の披露では、黒坂さんから教わったコカリナを奏でるつもりだ。

【関連ニュース】
ハイチ大地震:発生1カ月 被災者の住宅問題が深刻化
台湾:水害被災者と馬総統が宴会
ハイチ大地震:陸自の重機 成田を出発
ハイチ大地震:陸自隊員34人が首都に到着 PKO1次隊
ハイチ大地震:「生存者捜索打ち切り」 13万人首都脱出

文京区長育休 ツイッターで宣言、「子育て楽しみます」(毎日新聞)
国宝仏像展、文化庁が認めず…管理ずさん新潟市(読売新聞)
水族館で初!55年で5555万5555人(読売新聞)
<愛子さま>「元気に通学されるように」宮内庁の羽毛田長官(毎日新聞)
東京大空襲 65年、遺族「最後の節目の日になるかも…」(毎日新聞)
[PR]
# by 2uard5dq2f | 2010-03-16 12:44
 国家資格である柔道整復師や鍼灸師を養成する静岡医療学園専門学校(静岡市駿河区、赤羽勝雄校長)が、平成16年度から19年度にかけて、講師の資格を持たない約10人に授業を担当させていたことが分かった。厚生労働省東海北陸厚生局が週内にも立ち入り調査して指導する。

 同校では、解剖学や一般臨床医学などを資格のない講師が教えていた。

 同局によると、同校の卒業生約145人に補講が必要で、補講時間数は1人当たり150時間から500時間になるという。大半の卒業生がすでに開業するなどしており、同局では「卒業生はすでに国家試験にも合格しており、免許の取り消しは考えていない」と話している。

 同校では20年7月にも無資格の講師1人が授業を担当していたことが発覚して厚生労働省が指導に入っている。この指導の際に「過去にも同様の事例がある」との情報が寄せられたことから、同局で調査を続けていた。

 同校は赤羽校長名で「まだ東海北陸厚生局による調査が進められている段階なので、コメントは差し控えたい。今後の調査には真摯に対応します。現在は“不適切授業”と指摘される状況にはありません」とのコメントを出した。

【関連記事】
医師でないのにしみ取り 美容機器販売社長を再逮捕
無資格で現金運ぶ 警備会社に停止処分
フグ中毒で業者を書類送検「卵巣に毒があるとは…」
無資格でまゆげ植毛疑い 女を書類送検 京都
吉原ソープ街で無資格性病検査 放射線技師逮捕

船形山遭難 「判断に甘さあった」救助された男性(毎日新聞)
地元反対決議でも理解求める=普天間移設で平野官房長官(時事通信)
サイバー犯罪、過去最多=オークション詐欺減少−ショップ、ブログに移行か・警察庁(時事通信)
日本IBMを強制調査 システム会社粉飾関連で監視委(産経新聞)
パラリンピック 難聴障害者が鈴木選手を現地撮影へ(毎日新聞)
[PR]
# by 2uard5dq2f | 2010-03-11 17:42